【歯医者View】で東京・神奈川・埼玉・千葉の歯医者探し

歯科医院を検索
歯医者View > 東京都の歯医者 > 豊島区の歯医者 > 目白5丁目歯科 > 院長 塩原康弘院長インタビュー

東京都豊島区 目白5丁目歯科目白駅椎名町駅

ホワイトニングインプラント歯周病審美歯科口腔外科予防歯科小児歯科一般歯科
所在地 東京都豊島区目白5-4-3 MAP
施設のこだわり バリアフリー 駐車場 CT
サービスのこだわり 完全予約制 セカンドオピニオン 休日診療
電話で予約する

03-5988-3100

インタビュー

院長 塩原康弘
常に患者様と真剣に向き合いながら治療を行っております。医者の目線から見れば「数多くの患者様の中のひとり」であっても、患者様にとっては医者は、頼れる唯一の存在です。診療の際は何事も尋ねる、コミュニケーションをとるということを大切にしております。例えば、歯を抜いた時には必ず患者様に「抜いた歯を持って帰りますか?」と尋ねています。患者さんにとっては「身体の一部」ですので些細なことかも知れませんが聞くようにしております。「いりません」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、考え方は個々それぞれに違うものです。違っているのが当然だからこそ、「聞かずに処理する」のではなく、患者様の意見を大切にしております。地域密着の歯科医院というのは、この地域に暮らしていらっしゃるご家族全員の「かかりつけ医」のような存在です。お子様からご年配の方まで、皆様と親しくコミュニケーションを取り合いながら、地域に根差した治療を行っていきたいと思います。高齢化社会となっている今、1本でも多くの歯を残せる予防や治療を目指すことが、いつまでも元気に快適に過ごしていただくことにつながると考えております。お口の中のことでお困りのことがあれば是非一度ご相談下さい。
開業するまでの経緯を教えてください。
私は、小さい頃から歯科医師になりたいといった明確な夢を持っていたわけではないんです。子供の頃は勉強嫌いでしたし(笑)ただ、中学生から高校生になると、そうも言ってはいられないので、自分の将来の職業について考えた時、両親が医療関係の仕事をしていたので、自分も医療系で手に職をつければ何とかなる(笑)と、とりあえずの形で歯科技工士の学校に入学しました。しかし、学んでいるうちに、知れば知るほど深い歯科の分野に興味が湧いてきました。歯科技工士の学校を卒業して一旦は就職したのですが、そこから更に歯科医師を目指して勉強し、歯学部に入りました。大学院で高齢者歯科の分野を学んだ後、勤務医として研鑽を積み、開業に至りました。
診療のこだわりをおきかせ下さい。
「自分がして欲しい診療を、患者さんにも提供すること」にこだわりを持っています。自分がして欲しくない診療を患者さんに提供して、患者さんが満足するわけはないですので。我々、歯科医師にとって目の前の患者さんは、多くの患者さんの1人という考え方ではいけません。患者さんの立場で考えると、我々歯科医師は、唯一の頼れる存在です。私は、全ての患者様に対してこのような思いを胸に、一人ひとり真摯に向き合って診療します。具体的には、治療に入る前には必ずコミュニケーションを取り、なんでも話していただける環境を作ります。そこから患者様のお口の状態を説明し理解してもらった上で治療案を提示します。歯科医師に言われるがままなのではなく、患者様自身で意見や希望を言っていただけるようにして、歯科医師は出来るだけその希望を叶える事が仕事だと思っています。
患者様が完全に理解するようになるまでの説明は大変ではないでしょうか?
その部分は徹底してご理解いただけるまでこちらはお付き合い致します。有耶無耶なまま治療を行って後味の悪い気持ちになられることが私は一番したくないことです。勿論、口だけでの説明ではイメージし辛いでしょうし、しっかり伝わらないので口腔内写真を目で見て確認していただきます。また、カウンセリングソフトも使用していますので現在の状態と放置しているとどうなるのか、治療することによる経過など、アニメーションで診てもらって理解していただけるような設備は完備しております。
先生の得意な治療はやはり補綴などでしょうか?
そうですね、歯科医師になる前は歯科技工士として働いていたので他の歯科医院さんよりかなり高いレベルでお作り出来ると自負しています。詰め物や被せ物、義歯というのは技工士の技術と患者さんの口の中を診察した歯科医師との間で綿密な情報の伝達が無いと実現しません。どちらかが欠けていても完璧な技工物は作れないのです。当院は私自ら診療し、お作りしますので「歯科医師」として患者様のお口に合うものの情報が100%そのまま「技工士」としての私に伝達される正確性を兼ね備えていますので、患者様一人ひとりに合った最適な技工物を提供することが出来ます。また、技工所に依頼する技工物に関しても、技工士の目線がわかっているので詳細かつ的確な指示を出し、精度の高い技工物の製作が実現しています。
今後の展望をお教え頂けますか?
やはり予防の意識を地域的に高めていきたいですよね。私自身が都心で専門的に治療するというより、地域に根ざし人と人との繋がりを大切にし、一生涯に渡って地域密着で皆さまと歯科医療を通じて関わっていくというところを目指しています。やはり虫歯になってから治すのではなく、虫歯になる前に予防することが一番大切ですので、そうやって定期的に予防のためのクリーニングに訪れて繋がることによりそれが何十年と続いていけば幸せです。
最後に、患者様へメッセージをお願いします。
当院は全ての患者様にとって安心で、通いやすく、ご家族を紹介できる歯科医院を目指しています。私はお話が好きなので診療前についお話の時間を長く取りすぎてしまうかもしれませんが、一緒に最善の治療方法を探していければと思います。治療後は定期的なクリーニングに移行しますが、虫歯・歯周病にならない口腔内作りをしていきましょう。また、クリーニングをすることによって味覚の感知レベルが上がるという検査の結果も出ていて、予防だけではない効果も期待できます。数ヶ月に一度歯科医院でクリーニングを受けるという事をルーチンの一つとして頂ければ幸いです。
取材者コメント 取材を終えて

目白にある、目白五丁目歯科さんは、土日も診療されており、平日忙しい方にもおススメです。院長の塩原先生は、「患者さんの立場にたった治療」を指針としておられ、患者さんのためならと、インタビューの質問にも丁寧にご回答して頂きました。インタビューのやり取りからでも、何事においても「尋ねる」「コミュニケーションを取る」という患者さんへ接する態度も垣間見えました。これが、老若男女、年齢問わず、地域の方に愛されている歯科医院の秘訣だなと感じました。

2016年11月21日

pagetop