【歯医者View】で東京・神奈川・埼玉・千葉の歯医者探し

歯科医院を検索
歯医者View > 東京都の歯医者 > 港区の歯医者 > 青山表参道桜井矯正歯科クリニック > 院長 桜井由美子院長インタビュー

東京都港区 青山表参道桜井矯正歯科クリニック表参道駅

ホワイトニング小児歯科矯正歯科
所在地 東京都港区南青山5-13-7 ビューメットスクウェア1F イーストMAP
施設のこだわり 個室診療室 CT カウンセリングルーム
サービスのこだわり 完全予約制 女性医師 休日診療
電話で予約する

03-3797-8111

インタビュー

院長 桜井由美子
日本の大学病院とアメリカの大学病院で矯正歯科、小児歯科分野において様々な経験を積みました。
矯正治療は日々新しいものが出てきているため、自分で試して患者様のためになるものなのか、患者様はどういった悩みをお持ちになっているのかを理解できるようにしています。
治療だけでなく接遇や雰囲気作りなど、あらゆる点で患者様に満足いただけるよう心がけております。
表参道という街で開院されたきっかけを教えてください。
もともと表参道という街が好きだったこともあり、いつか表参道で開業したいなと思っていました。また、矯正歯科なので通常よりも長い期間で通院される事が普通なので、患者さんが医院にいらっしゃる際に楽しい街で通っていて気持ちいい街が良いなと思っていたところもありました。
以前、矯正医としてニューヨークに留学していた時に、現地の医院で院長先生とお話ししていた時なのですが「将来開業したいので、ずっとここの医院で何年も契約は出来ません」とお話したら、たまたま院長を探してるという知り合いの理事長さんがいらっしゃるということで紹介していただきまして、それがこの表参道で開業するというお話しでした。
本来であればもう少し勤務医でいようと考えていたのですが、その時いただいた話は私にとってのチャンスと感じ開業し、今もこの地で続けています。
医院のこだわりはなんですか?
歯医者に対して「怖い・痛い」というイメージを持たれる方が多いんですが、そのマイナスイメージから歯医者では話し辛いと言う方も多いそうなんです。なので、患者がなんでも話しやすく、通っていて楽しい歯医者を目指しています。
アメリカでは患者さんと先生の距離が近くて、患者さんがとても話しやすい環境なんです。治療の話もそうですし、それ以外の話も話しやすい環境でいいなと思っていました。
日本は大学病院等の大きいところほど顕著なのですが、偉い先生ほど構えてしまって話しにくくなっているように感じます。アメリカでは勤務医の先生も院長先生でもフレンドリーというか、患者さんの率直な意見を引き出せているのかなと思います。
また、この表参道と言う楽しい街で院内の雰囲気も歯医者らしくないイメージにしていまして、おかげさまで患者さんも治療以外の事でも色々なお話をしていただいてうれしい限りです。
院長としてのこだわりはなんですか?
治療器具にしても治療方法にしても、最新のものを知識を取り込んで行ってその中で良し悪しを見極めた上で積極的に取り入れるようにしています。
最近はインビザラインや裏側矯正等、技術の進歩はとても速くなっていますし、流行りなどもあるんですが、患者さんが求めているようなものはより多く知るようにしています。
矯正治療でも様々な選択肢がありますが、患者さんへ特におすすめの治療を教えて下さい。
やはり目立たない裏側矯正が一番おすすめです。
裏側矯正の中でもいろいろな方法があるのですが、インコグニートという矯正装置は様々なメーカーが作っていて、私が使っているドイツ製の装置はかなり薄いものになっていまして、患者さんからは快適だとおっしゃっていただいています。
昔は裏側矯正と言えばすごく時間がかかるものと言うイメージだったんですが、最近ではインビザラインのように自分に合わせた装置を作ったり、ワイヤーも工場が3Dプリンターで作ってくれますので、かなり時間、過程が短縮されて表側と同等か裏側の方が早く治療が終わる場合も増えてきています。
今後の歯科医師としての方針を教えてください。
海外だと当たり前のことなのですが、20歳で虫歯ゼロ、歯並びも綺麗。ということを理想としています。
歯が生え揃うのは12歳~15歳の間と言われておますので、小さいときから通っていただけるとこちらで虫歯の管理などを行わせてもらいますので、虫歯が無く綺麗な歯並びのまま大人になると思います。
日本は海外に比べて保険が適用されることも多いですし、凄くいい環境ではあるのですが、それでもクリーニングやチェックアップといった日頃から歯医者に通う習慣があまり無いのが現状です。最近親御さんの意識も変わってきてはいますがそれでもまだ虫歯になって初めていらっしゃる事がほとんどです。
そういった方々の意識を変えていけるように啓蒙活動をしていけたらと思います。
最後に、患者様に向けたメッセージをお願いします。
歯医者さんや矯正というものに関して、痛みなどの不安以外にも、料金や期間等、色々なネガティブな要素を持たれている方が多いと思います。
もちろん矯正は気軽に出来る事ではないのですが、一生モノで付き合っていく自分の歯ですので、まずは歯医者さんというものを身近なものだという認識を持ってほしいですし、ゆくゆくは矯正も選択肢の一つとして考えてもらいたいので、分からない事や要望があればなんでも聞いていただけたらと思います。
取材者コメント 取材を終えて

青山表参道桜井矯正歯科クリニック、桜井院長にインタビューして参りました。
お話の中で、桜井院長は子供の頃にご自身も矯正治療の経験をお持ちだったのですが、その時の曖昧な記憶だけでは、患者さんが満足できる治療は提供できないということで、東京医科歯科大学在学中に、もう一度矯正器具を装着してもらったそうです。その時の経験が今患者さんに提供している治療に生きているとお話されていました。
最先端の矯正治療をアメリカで学び、現在も日々、ストイックに研鑽を積む、頼れる先生だと思います。

2016年06月03日

pagetop