【歯医者View】で東京・神奈川・埼玉・千葉の歯医者探し

歯科医院を検索
歯医者View > お役立ちコンテンツ > 歯科医院について > 日本と海外の歯科医院への意識の違い

日本と海外の歯科医院への意識の違い

日本と海外の歯科医院への意識の違い

欧米の子供が歯の矯正装置を付けている光景を見たことはないでしょうか?
欧米の先進諸国では歯並びの矯正をはじめ、子供のころから歯医者さんはすごく身近なものなんです。
特にアメリカでは『白くてキレイな歯がステイタス』ということもあり、歯の美しさに対する意識が高く、定期的なクリーニングをしている人が多いようです。
また、スウェーデンでは80歳でも歯の数が平均20本もあります。
日本は平均9.8本と言われていますから、スウェーデンでは歯に対する意識が高いのがわかりますね。

私たち日本人は、身だしなみの1つとして定期的に髪を切るのが当たり前ですよね。
同様に、欧米の先進諸国では身だしなみとして定期的にホワイトニングなどで歯医者さんを訪れるのです。
しかし、日本は欧米の先進諸国と比べ、歯医者さんに対する意識が低いのが現状です。
歯医者さんに行く理由は「虫歯の治療」=「痛い物」と第一に考える人が多く、心理的に遠ざけてしまっているのが原因かもしれません。

日本は歯科医院に恵まれた環境?

実は、先進諸国の歯医者さんは保険が適用できなかったり、そもそもドクターの数が少なかったり、身だしなみにかかせないものでありながら歯医者さんに通うにはハードルが高いのです。
一方、日本は歯医者さんでの保険の適用範囲はかなり広く、近所を見渡せばどこにでも歯医者さんがあります。
そのような状況なので、日本は他国に比べ歯科医院に関して恵まれているといえるでしょう。

あなたも身だしなみのひとつとして、自分にあった歯医者さんを探されてもいいかもしれませんね。
一生付き合っていく自分の歯と一緒に向き合ってくれる歯科医院さんを是非見つけてください。

pagetop