【歯医者View】で東京・神奈川・埼玉・千葉の歯医者探し

歯科医院を検索
歯医者View > お役立ちコンテンツ > 歯磨き > 歯周病とがんの関係性




歯磨き回数が少ないとがんになりやすい?

 

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第一位です。



また、最も感染者の多い感染病として、なんとギネスブックにも登録されています!



 



テレビでもよく取り上げられるようになったため、歯周病についてご存知の方は多いと思います。しかし、歯周病は単なる口の中だけの問題だと思っていませんか?



     





これは大きな間違いです。



歯周病は全身の病気に関係があります。とくに最近の研究によって、歯周病ががんと関係していることが分かってきました。




 

歯磨き回数とがんになる確率

 

愛知県がんセンター研究所が行ったある研究によると、1日に2回以上歯を磨く人は、口腔や食道のがんになる危険性が、1日1回の人より30%低いことが分かりました。

逆に、全く歯を磨かない人は、1日1回の人の1.8倍リスクが上がることも分かったそうです。

 



ではなぜ、歯磨きの回数とがんに関係性があるのでしょうか?

 

なぜなら、口腔内やのどには、アセトアルデヒドを作る細菌が潜んでいるからです。

このアセトアルデヒドは、発がん物質だと言われています。しかし歯磨きをするなら、このアセトアルデヒドを洗い出すことができるため、結果としてがん予防へと繋がるのです。





 

いつ磨くのが効果的?

 

では、いつ歯を磨くのが効果的なのでしょうか?  





    まず起床後、朝食を食べる前にすぐに歯を磨きましょう。

  画像



なぜなら寝ている間は唾液が出ないため、口腔内の最近が増えてしまいます。



 



そのお口で朝食を食べるなら、食べ物と一緒に細菌も飲み込んでしまうため、カラダに良くありません。起きたらすぐに磨くようにしましょう。

 

 



また、夜寝る前もしっかりと磨く必要があります。先ほど言ったように、寝ている間に細菌は一気に増えてしまいます。

画像  

なるべく細菌を増やさないために、寝る前にしっかりと磨いて細菌の数を減らしてあげることが必要です。できれば10分ほど時間をかけて丁寧に磨きましょう。



 



また、歯ブラシで磨くだけでなく、歯間ブラシデンタルフロスを使って、歯と歯の間も磨くようにしましょう。



  画像



カラダの健康、お口の掃除から始めましょう!







本記事監修

新松戸歯科:鈴木院長

電話番号  048-641-0935

住所 葉県松戸市新松戸1-439-6 新松戸駅前ビル3F
JR常磐線 新松戸駅 徒歩1分

新松戸歯科 歯医者view掲載ページ




pagetop